先物取引

[先物取引ナビ] ホーム > 成功の秘訣 - テクニカル分析 -

成功の秘訣 - テクニカル分析 -

テクニカル分析を覚える
◆ 2つの分析方法
【ファンダメンタルズ分析】…需要と供給の関係を基に相場を分析する方法
【テクニカル分析】…株式や為替などを取引きする際にも世界中で幅広く利用されている分析方法
テクニカル分析を覚える
短期線(15日平均線)が長期線(30日平均線)を上抜く時をゴールデンクロスと言い、買いサイン。
短期線が長期線を下抜く時をデッドクロスと言い、売りサイン。
短期で売買したい方、長期で売買したい方、ハイリスク、ハイリターンが好みの方、ローリスク、ローリターンが好みの方などそれぞれ合った方法をぜひ見つけてください。
まずは各先物取引会社にご相談を。
チャートの見方チャートの見方
◆ 分析方法の選択
株式でも商品先物取引でも有効な分析方法ですが、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析をバランスよく使いましょう。
例えば日経平均でいえば、9月にリーマンブラザーズが破綻し、しばらく先物で「新規売り」(ファンダメンタルズ分析)。10月に入ると、金融安定化法案で公的資金が投入されるから「買い」ではなく、まだ平均線がデッドの状態で、ずいぶん下を向いているのでそのまま「売り」で見よう…(テクニカル分析)。

このようなテクニカル分析は数多く種類があり、どれが優れているかだけでなく、お客様のニーズ次第でどの分析が合っているかを判断され選択されることをお勧めします。
短期で売買したい方、長期で売買したい方、ハイリスク、ハイリターンが好みの方、ローリスク、ローリターンが好みの方などそれぞれ合った方法をぜひ見つけてください。
まずは各会社にご相談を。

まずは先物取引会社に詳しい話を聞きたい!

無料相談予約はこちら

こちらから資料請求も可能です

  • サービスで比較
  • 手数料で比較
  • メニュー
  • 先物取引:ホーム
  • 当サイトの使い方
  • リターンとリスクについて
  • 下げ(売り)でも利益が狙える
  • 会社が破綻したらどうなるの?
  • 税金はどうなってるの?
  • 成功の秘訣
    • 価格特性
    • トレードルール
    • 売買板癖
    • 中期トレンド
    • テクニカル分析
    • 自己責任
  • 次の一手
  • 各取引のメリット、デメリット
  • 参加会社

会社セミナー情報

  • 先物商品
  • 金(ゴールド)
  • 銀(シルバー)
  • 白金(プラチナ)
  • パラジウム
  • アルミニウム
  • 灯油
  • 原油
  • ガソリン
  • ゴム
  • とうもろこし
  • 一般大豆
  • NON-GMO大豆
  • 小豆
  • アラビカコーヒー
  • ロブスタコーヒー
  • 粗糖

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。
Copyright (C) 2006-2008 IBI Inc. All Rights Reserved.