先物取引

[先物取引ナビ] ホーム > 成功の秘訣 - 中期トレンド -

成功の秘訣 - 中期トレンド -

天候・時事・ニュースなどを中期トレンドとして把握する
◆ 天候
商品先物には、たとえば「天候相場」という用語があり、とりわけ大豆や小豆、コーン、コーヒーなどの穀物商品で、それぞれの主産地の天候が相場を動かす重大な要因になる時期があります。
大豆やトウモロコシの場合は、世界の供給元が米国の中西部であるという特性から、生育期にこの地域で旱魃(かんばつ)や少雨、寒冷が続くと不作が予想され、相場を高騰させる要因。

それに対して、小豆は、ちょっと皮肉な状況になっています。
かつては北海道・十勝地方の天候が重大な影響をもたらす赤いダイヤ(小豆)と言われたモノが、今は「品種改良のおかげで不作にならない」と嘆く投機家もいるほど、天候に左右されない商品になっています。
◆ 習性
株式であれば、ある会社が商品の売り上げが夏場に伸びる傾向があり、そのまま価格に影響される銘柄があるように、商品先物取引の銘柄の中にも値動きに習性を持っているものもあります。

例えばトウモロコシという銘柄は主産地がアメリカであるため、アメリカの在庫状況が相場の動向に大きく影響を与え、秋の収穫時期には在庫が増えて下がる傾向があり、その後春に向けて上がり易くなる傾向があるなど、銘柄によって習性があるものもございますので、詳細については各会社にお問い合わせください。
◆ 時事・ニュース
ガソリン、灯油、原油は、国際情勢、とりわけ中東地域での紛争・緊張が影響し、米国がイランの核開発を巡って「国連に制裁決議…」といったニュースにも敏感に反応します。
「中国の原油・LNG輸入量が増加…」は需要増で値上り要因。経済指標を傾向的に把握する必要のある商品といえるのです。
金もインド、中国の富裕化で需要が増勢。これらは大半が輸入物資なので、円ドル相場の傾向もつかんでおきたいものです。

まずは先物取引会社に詳しい話を聞きたい!

無料相談予約はこちら

こちらから資料請求も可能です

  • サービスで比較
  • 手数料で比較
  • メニュー
  • 先物取引:ホーム
  • 当サイトの使い方
  • リターンとリスクについて
  • 下げ(売り)でも利益が狙える
  • 会社が破綻したらどうなるの?
  • 税金はどうなってるの?
  • 成功の秘訣
    • 価格特性
    • トレードルール
    • 売買板癖
    • 中期トレンド
    • テクニカル分析
    • 自己責任
  • 次の一手
  • 各取引のメリット、デメリット
  • 参加会社

会社セミナー情報

  • 先物商品
  • 金(ゴールド)
  • 銀(シルバー)
  • 白金(プラチナ)
  • パラジウム
  • アルミニウム
  • 灯油
  • 原油
  • ガソリン
  • ゴム
  • とうもろこし
  • 一般大豆
  • NON-GMO大豆
  • 小豆
  • アラビカコーヒー
  • ロブスタコーヒー
  • 粗糖

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。
Copyright (C) 2006-2008 IBI Inc. All Rights Reserved.