先物取引

[先物取引ナビ] ホーム > 成功の秘訣 - トレードルール -

成功の秘訣 - トレードルール -

先物取引のトレードルールを覚える
◆ 差金決済
商品先物には、「差金決済」、「現物決済」などの取引ルールがありますが、つまるところはごく単純な投資物件です。金、コーヒーなど、どの銘柄も一般投資家は差金決済が中心で、基本的には「値上りしそうなら買う」(あとで【転売】して清算)、「値下がりしそうなら売る」(あとで【転買】して清算)の2つだけなのです。 ただ、それぞれの銘柄に「限月」(げんげつ)と呼ばれる区分があり、これが、ちょっと見には複雑に感じる要素になっているかも知れません。
◆ 限月(げんげつ)
新聞の相場欄などで、「東京金(6月)」「東京金(8月)」「東京金(10月)」…などと並んでいるものなのですが、要は何月に “強制終了 ”(売買最終)されるかというだけのこと。「東京金(6月)」は6月限=6月かぎり、6月きり、6月ぎり、などと呼び、6月末日の4立会日前が売買最終日、「東京金(10月)」なら10月末日の4日前が最終日になります。残存期間の長い限月ほどリスクが低い傾向が見られます。限月がある理由は、清算を「現物決済」(現引き・品渡し)する際に便利なためなのです。
◆ 取引時間
取引時間は銘柄にもよりますが、金やガソリンはザラバ取引(株式と同じ)、
一方、大豆、トウモロコシといった銘柄は板寄せ取引で行われます。
■ ザラバ取引(株式と同じ)■ 板寄せ取引

まずは先物取引会社に詳しい話を聞きたい!

無料相談予約はこちら

こちらから資料請求も可能です

  • サービスで比較
  • 手数料で比較
  • メニュー
  • 先物取引:ホーム
  • 当サイトの使い方
  • リターンとリスクについて
  • 下げ(売り)でも利益が狙える
  • 会社が破綻したらどうなるの?
  • 税金はどうなってるの?
  • 成功の秘訣
    • 価格特性
    • トレードルール
    • 売買板癖
    • 中期トレンド
    • テクニカル分析
    • 自己責任
  • 次の一手
  • 各取引のメリット、デメリット
  • 参加会社

会社セミナー情報

  • 先物商品
  • 金(ゴールド)
  • 銀(シルバー)
  • 白金(プラチナ)
  • パラジウム
  • アルミニウム
  • 灯油
  • 原油
  • ガソリン
  • ゴム
  • とうもろこし
  • 一般大豆
  • NON-GMO大豆
  • 小豆
  • アラビカコーヒー
  • ロブスタコーヒー
  • 粗糖

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。
Copyright (C) 2006-2008 IBI Inc. All Rights Reserved.